アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
のくちのおっさんのブログ
ブログ紹介
川崎市在住のおっさんのブログです。

11歳長男(にーちゃん):マイペース ・穏やか
5歳双子の姉(ねーちゃん):しっかりもの・ビビリ
5歳双子の妹(いもーとさん):ひょうきんもの・内弁慶
zoom RSS

SCRAP「地下謎への招待状2017」感想(ネタバレなし)

2017/10/16 00:08
画像

来年も是非


にーちゃん共々謎解きイベントにハマってから、もうすこしで一年になろうとしている。
だいぶコツがつかめてきたというか、スレてきたというか。
にーちゃんは、問題用紙を手に入れたそばから折りはじめるようになってしまった。

全然関係ないが、我が家でも、5歳のねーちゃんが謎っぽい紙を残していた。
画像

なんだこれ


…「きょりょるうのアしアとはんばーあぐ」
解読に時間を要したが、「恐竜のあしあとハンバーグ」であることが判明した。


画像

あしあと付き

とってもかわいい。。。。



さて先日、SCRAPが毎年開催している「地下謎への招待状2017」に、
にーちゃんとふたりで初めて参加してきた。

結果としてはノーヒントでクリア。
途中ちょっとショートカットして5時間程度の所要時間だった。

謎解きキットは渋谷で購入し、平日の9時30分ごろからチャレンジ開始。
平日ということもあり、他に挑戦している方は、3組くらい見かけた程度だった。

今回は、前半、複数の行き先から任意で選べる形式となっていた。
開始した駅から、効率良く回れるルートを検討してから動き出すと良い。
こういう時、「路線図鉄」のにーちゃんがいると大変助かる。

特に中盤以降、良質な謎が目白押しでとっても面白い。
ネタバレできないが、その中でもふたつには特におったまげた。

■その1。
お「ないなあ……」
に「うーん、そもそもないねえ」
お「あとはこんなものしか」

「……!!??」
に「これって…うわーー!!」


■その2。
に「この指示って…」
お「……まさか、ここ?」

に「うわーー!!こんなところ!!」

…特に未体験の人には全くわからんと思うが、こんな感じだった。
見つけた時の嬉しさは尋常ではない。


前半は腰をすえてじっくり問題に取り組むことができたが、
後半は一転して、油断を許さない緊張感あふれる展開。
限られた時間の中、二人で目をこらす。
(一人で参加したら、けっこうキツかったかも)


なんだかんだで、とにかく間違えることなく最後の答えまでたどり着いた。
最後の謎で苦労する人が多いみたいだが、とにかく隅から隅まで、よく確認しておくことが肝要かと思われる。

画像

我々は渋谷スタート

画像

快晴!でも大半は地下鉄

画像

これが噂の謎水自販機。必ず購入する必要あり

画像

全然関係なく買っちゃった人も楽しめる謎がついてます

画像

駅乃みちかさん
写真スポットもあったりした


【よかったところ】
・SCRAPらしい上質な謎の数々。特に中盤のヤツが最高だった。
・導線をうまく考えてくれているし、厄介な問題にかかる側にはベンチがあったりして、大変助かった。
・全く無駄のないキットの数々。いったん解いたからといって、忘れていてはダメ!

【イマイチなところ】
・ミッションの記載をよーく見ていると、なんとなーく行き先の見当がついちゃうような。。。
・最後の行き先については、うーんって感じ。それだけか?と思ってしまった。


総じて大満足。
来年も是非参加したい。

クリア後、某所でガパオのランチを食べて帰った。
画像

ガパオ大好き




リアル脱出ゲーム 公式過去問題集
スモール出版
SCRAP

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リアル脱出ゲーム 公式過去問題集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される (脱出ゲームブック)
リットーミュージック
SCRAP

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される (脱出ゲームブック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タカラッシュ TeNQミッションラリー 感想

2017/10/10 00:30
画像

時間がなくて、謎解きだけして帰ってきた


けっこう前になるが、宇宙ミュージアム『TeNQ(テンキュー)』で開催されているミッションラリー第3弾「宇宙からのタイムカプセル」に、にーちゃんと二人で挑戦してきた。

行ったのは夏の暑い時期。
屋内で完結するので、天候条件に左右されず大変よろしい。

入館者の2割から3割くらいが、ミッションラリーにチャレンジしてたように感じた。


前半は謎解きではない。
展示物をよく見て、質問事項の穴埋めをする作業だ。
特に頭を使わない上に、なかなかキーワードが見つからなかったりする。
にーちゃんも、いささかダレ気味。
まあ、TeNQ本来のあり方というか、宇宙のなんたるかを勉強するのには良い機会だった。
画像

こんな感じ(ぼかした)
上部が穴埋め問題


中盤以降は、お待ちかねの謎解き。
今回も上質な謎で楽しませてくれた。
館内はそんなに広くないが、あっちこっちに謎が隠されていて飽きない。
スマホを使って宇宙人とSNSトークする趣向が楽しい。宇宙人かわいい。


数々の謎を解き明かし、
よっしゃ、クリアだ!
と思ったらさらにボリュームアップ!なんか得した気分だった。

エンディングは、わざわざこの謎解きのために用意された、とても美しいものだった。

所要時間は2時間ちょっとだったと記憶。
タカラッシュ難易度星4となっている通り、それなりに難しく、小学5年生のにーちゃんだけではクリアできないと思うが、それくらいの年齢でも充分楽しめる内容だったし、にーちゃんは大層戦力になってくれた。

【よかったところ】
・天候に左右されない屋内でのイベントである
・捜索範囲が広くないのであまり疲れない。手頃な時間で楽しめる
・その割に謎は本格的
・宇宙の勉強にもなる

【イマイチなところ】
・前半は「やらされ感」がある
・捜索範囲が広くないため、たくさんの人がやっている場合、意図せぬネタバレに注意する必要あり
・TeNQ自体の入場料がけっこう高いうえ、通常のチケットだと再入場ができない

帰りに、近くにある後楽飯店でお昼を食べて帰った。
…なんというか、選択を誤った。。。
にーちゃんごめん。次回はサイゼリアにしようかと思う。

画像

鶏肉やきそば950円也

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


村山吉隆氏がシナリオを手がけた「アライアンス・アライブ」を買った件

2017/09/10 23:45
幻想水滸伝シリーズが、大好きだった。

はるか昔20年前に、プレイステーションで発売されたタイトルだが、当時はたくさんの固定ファンをつかんでいた。
秀逸なシナリオ、魅力的なキャラクター(大量)、サクサクな戦闘、ぎっしり詰まった遊び要素。

初回プレイ時には、2のロックアックス城でナナミが倒れて悲嘆にくれ、救いを求めて手にした攻略本で、ナナミが復活する、さらには前作のグレミオまでもが復活するという記載を発見。
喜びのあまり、1の最初からやり直したものだった。

1でスマッシュヒット、2で殿堂入り、3で雲行きが怪しくなり、4で大爆死。5で「奪還」を試みるも不発。

…それ以降は正式な続編が出ていない。

なぜこのようなことになったかというと、生みの親の村山吉隆氏が、
3の開発途中に退社したためだと言われている。

世界観の中に取り残されたファンたちはなすすべなく、無念の想いだけが、仮想空間をさまようことになってしまった。

………………

もう、幻想水滸伝の続編が出ることはないであろう。
しかし、生みの親である村山吉隆氏の作品がいつか、我々の前に再び現れてくれないだろうか…

そう考えて、時々思い出したときに、「村山吉隆」でググる習慣があった。

もうそんなことを10年くらいやっているような気がする。


先日も何の気なしにググってみたところ、、、

ニンテンドー3DSの「アライアンス・アライブ」のシナリオを担当していることを確認。

ぎやーー!!!!(歓喜)


即購入である。
当然、中古ではなく新品を購入。当然である。お布施である。
本来は保存用と実使用の2本は買うべきなのだが。。
さらに、家に3DS本体はあったものの、勢いあまって2DSLLの本体まで買ってしまった。
(3DSは、にーちゃんが普段ポケモンで遊ぶので)


嫁には変な顔をされたが、経緯を説明した上で、

「これはもう宗教の問題なので」

と宣言し、無事呆れて頂くことができた。


さてゲームの内容。

まだ5時間ほどのプレイだが、、

なつかしい!

これですこれ。たくさんのキャラクターを活き活きと描き切るその手腕!
徐々に引き込まれていく、流れるようでいて重厚な展開!
戦闘もサクサク!


いやーなつかしい!
最近のRPGが好きな人々の目には、このゲームはどう映るのだろうか??


画像

「ハイランド」とかなつかしい名前だ。ジーンってのもいるしな。
ガリルのいでたちって、ナッシュに似ていると思うの。



画像

こういう感情表現アイコンも、幻想水滸伝でおなじみ。



画像

12歳の女の子が「ひょひょひょ」か。。。



アライアンス・アライブ
フリュー
2017-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アライアンス・アライブ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


EOS M10を手放した話…そして6Dへ

2017/08/15 01:35
今年1月に購入したEOS M10。
購入時はウキウキモードだったけれど、使っていくにつれて問題に直面した。

それは、バッテリーの持ち。

D5300を使っている時は、電源を常時オンにしていても、体感的にバッテリーは減る気配を見せず、
その辺に置いておいて、使いたい瞬間にバシバシ写真を撮ることができた。

M10でも、当初同じような使い方をしてみたところ、ものの数時間でバッテリーが切れ、ただの置物と化してしまった。
ミラーレス機の特性ということで割り切り、持ち歩く際も基本的には電源オフ、使うときだけ電源を入れることにした。

しかしこれが耐えられなかった…

電源オンには1、2秒が必要、そしてピントを合わせて写真を撮る、となると、ミラーレス機の合焦の遅さも災いし、5秒くらい要することになってしまった。
撮影対象が景色とか食べ物なら全く問題がないのかもしれないが、おっさんのメイン被写体は子供どもである。
あっちこっち動き回るし、いい感じのシャッターチャンスなんて一瞬しか無い。
M10は、残念ながら用途に向いていないカメラであった。。。


ということで買い替えを検討。

一旦キヤノンに乗り換え、少なくとも出てくる絵には満足していた以上、今更ニコンに出戻りするのもなんとなく避けたい。
キヤノンの一眼レンズには、F1.8、50mmの、単焦点で大変安価で素晴らしい「撒き餌レンズ」があると聞く。

ただ、APS-C機に装着すると、画角的に厳しい。40mm前後が必要なのだ。

…フルサイズ機を購入すれば、50mmのまま。許容範囲では。
と思い、マップカメラのサイトをちょろっと見たところ、その時に、偶然にもフルサイズ機の安売りキャンペーン中だった!

ということで、安価に手に入る(といっても10万円オーバーだけど)のEOS 6Dを、撒き餌レンズもろとも購入してしまった…
M10は下取交換でおさらばとなった。
短い間ですがお世話になりました。
持ち歩きやすさと、シャープでクリアな絵は大変好きでした…

ということでまたしばらく、ろくな昼ごはんが食べられなくなった。

画像

走り出す瞬間を6Dで即撮影。M10ではできなかった



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D
キヤノン
2012-11-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM
キヤノン
2015-05-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポケモン映画鑑賞とポケモンリアル脱出ゲーム

2017/07/23 00:36
先週から、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」が始まったので、我が家5人家族総出で、初日に鑑賞した。

ねーちゃんといもーとさんは、プリキュア以外の映画初挑戦。

今回の映画は、初期アニメ版のリバイバル?と言った感じで、大変懐かしい。

かつての名シーンをしっかりおさえつつ、ホウオウを探し求めるエピソードを描いている。

ポケモンが戦うシーンがたくさんあり、とっても迫力がある。
出てくるポケモンも大量。

そしてサトシの力強さが際立った。
セリフ回しというか、もう松本梨香さん気合入りまくりって感じ。
鳥肌ものだ。

ヒトカゲやバタフリーのエピソードも懐かしい。
ホウオウは毅然としてかっこよかった。

エンディングのはじめのところを見て、「なんでこいつが!!?」と思った次の瞬間意図がわかり、
グッときた。
エンディングが一番感動したというか…


双子どもも満足した様子。
隣の席にはいもーとさんが座っていたのだが、
バタフリーのエピソードと、後半のサトシとピカチュウのところで泣いていた。
人の服で涙を拭くのはやめていただきたかったが。

あとで聞いたところ、
い「こわくてないちゃった!げへへへ」
とのこと。

なにがげへへへなのかはわからんが、感動するシーンで静かに泣いていたので、
「こわい」の意味するところが、どうやら少し違うようだ。



そしてこの週末は、にーちゃんとリアル脱出ゲーム「ホウオウの試練からの脱出」をやりに、暑い中、中華街まで行ってきた。
画像



難しい「博士コース」と、簡単な「トレーナーコース」があり、
旅立つ前にヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネの御三家ポケモンから、任意の一匹を選ぶことになる。

今回は、トレーナーコースをフシギダネで挑戦。
おっさんがフシギダネ大好きなので、にーちゃんが気を使ってくれた。

ポケモンを選んだら、お店の人に宣言しないといけない。

に「フシギダネ、キミにきめた!!」

???「ダネダネ!!!」

に「!!!?????」

いきなり物陰からフシギダネの声がして、にーちゃん面食らっていた。


今回みたいな、しっかりした公演形式のイベントには初参加。
それなりの料金を取るだけのことはあって、配布物もしっかりしているし、たくさんのスタッフによって運営されていた。

スクラッチカード(シート)を使った謎解きというのは初体験。
間違ったところを削ってしまうと、クリア後のトレーナーランクが下がってしまうということで、
結構な緊張感があった。

難易度的には、トレーナーコースだけのことはあって、ややかんたん。
謎解きに凝りはじめた小学五年生にとっては、頭を抱えてしまうような難問は、ほぼなかった。
(唯一、最後の隠れているポケモンを突き止めるロジックがわからず、クリア後にお店の人に教えてもらった。悔しい)

スタッフの方々のノリが良く、大変楽しませて頂いた。
ただし、けーっこう歩く覚悟は必要である。暑い中だと大変。
にーちゃんは、難しい「博士コース」のほうも挑戦したいみたいだ。

画像

本格的なファイルをもらえる



画像

なんでこいつはこんなにかわいいんだ



画像

なんとか、最高ランクに







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


暑いので、お台場の屋内施設で子供を遊ばせる(ソニー・エクスプローラサイエンス)

2017/07/12 14:10
先週末。
ねーちゃんが熱を出していたので、にーちゃんといもーとさんを連れて3人でおでかけ。

外はクソ暑いので、お台場メディアージュの「ソニー・エクスプローラサイエンス」に行ってきた。


大人は500円、子供(3歳以上)は300円。

11時のオープンにあわせて一番乗り。
早い時間は人が少なく、とっても快適。
画像



画像



画像

声を映像化する仕組み
いもーとさんうるさいので映像もめちゃくちゃに



画像

実験ショーみたいなのもあった



画像

これは壁の映像
目まぐるしく変化してかなりの迫力



小学校5年生も、5歳児も楽しめる仕掛けがたくさん。

当日なら再入場が可能だし、なによりこの時期、涼しく遊ぶことができる、とても貴重な施設だ。


ちょっと遅めの昼ご飯を、東京テレポート駅そばのバーミヤンで食べて帰った。
お台場のランチ価格帯がお高めな中、バーミヤンは安くて助かる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タカラッシュ「小田急道中謎栗毛」やってきた

2017/07/08 23:32
すっかりリアル宝探しにはまってしまったにーちゃんとおっさん。

最近は、ジョイポリスの脱出アトラクションをやってみたり、なぞともカフェに行ってみたり、サンシャイン60の展望台でやっている謎解きをやってみたり。

だいぶコツがつかめてきた。


今回は、小田急線沿線で行われている「小田急道中謎栗毛」を、初日にやってきた。
画像


ナゾトキ双六、ということで、新宿がスタート、小田原がゴールということは初めからわかっている。


1日全線フリー乗車券を新宿駅で購入して、スタート。

謎のレベルとしては、リアル宝探しに慣れ始めた小学校高学年には、ちょうどいいくらいだった。

新宿ー小田原間は、急行で寄り道せずに行っても一時間半くらいを要する。
乗車中の時間を無駄にしないよう、謎解き時間にあてたところ、タカラッシュの想定クリア時間よりもだいぶ早く、ゴールまでたどり着くことができた。

今までやってきたものの中でも、最後の大謎のたたみかける展開は秀逸だった。素晴らしい。

ロックバンドもかなりツボだった。


移動がほぼ電車なので、これからの暑い夏でも、それほど酷な行程にはならないはずである。
(ただし歩き回る箇所も存在する)

難点(考慮点)としては、
1日全線フリー乗車券を購入しても、そーんなにお得とはならない点。
チェックポイントで途中下車をしても、降り間違いをしなければ、新宿から小田原までで元が取れることはない。
我が家の場合は、帰宅路の交通費を入れてやっと元が取れた感じ。
それと、フリー乗車券は有人改札を通過せねばならず、これが結構なストレスになる。
有人改札がパッと見つからなかったり、見つかったとしても駅員さんがおらず、そのまま素通りするのも気がひけるので呼び出したりして、テンポの阻害要因になる。

ひょっとしたら、普通にPASMOで乗り降りした方が良かったかも知れない。



謎解き後は、にーちゃんと中華料理を食べ、
双子どもに、チーズ入りちくわのお土産を買い、帰宅した。
画像

昼ご飯は、ちょっと有名らしいこちらのお店で



画像

しかし謎解き系のイベントの場合、ヒントになっちゃう写真は控えないといけないので難しい



紫陽花がとっても綺麗だった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プリキュアなりきりスタジオ@木場

2017/04/09 05:08
画像

いろんなサイズのペコリンがいた


木場のイトーヨーカドーにて、期間限定で「プリキュアなりきりスタジオ」を開催しているとのことだったので、双子の娘どもと行ってきた。

画像

駅から向かう途中に大規模な噴水発見
なんか喜んでる



画像

木場ヨーカドーは溝の口店に比べて体感で5倍くらい大きかった



なりきりスタジオはそれほど広くはない。
60分、コスチューム(変身プリチューム)着放題、ボールプール使用可で、ひとり900円。
大人は無料だった。
けっこうお得だ。

コスチュームは服の上下と、両手につけるやつのセット。
キラキラプリキュアアラモードの5人の変身後と、キラパティ?のエプロンがあった。


画像

スタジオ内
ねーちゃんはマカロン、いもーとさんはホイップをチョイス



やはりキュアホイップさんがいっぱいいた。次点でマカロンさんだろうか。

画像

おもちゃにくいつく



画像

こちらボールプール
ちょっとした仕掛けもある



画像

ねーちゃんはカスタード、いもーとさんはジェラートにお色直し



画像


おもちゃで遊んだり、エンディングテーマにあわせて踊ったり、とっても楽しそうだった。
プリキュア好きな子なら鉄板な施設だった。


その後、ファミールでお昼ご飯を食べて帰宅。
いたく気に入ったようで、寝る前に二人して

「らいしゅうもいきたい!」

とおっしゃっていた。
でもけっこう遠いからねえ…
(EOS M10)





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


EXEαに乗って海老名でタカラッシュの宝探しやってきた

2017/03/26 00:54
画像

街じゅう、えびーにゃ推し



土曜日はドキドキプリキュアの再放送日。

物語もいよいよ佳境。
敵側のレジーナちゃんが、好きになってしまった主人公のプリキュア:相田マナと、
パパであるキングジコチュー(大ボス)のどちらをとるかで悩んでいる。
画像

うんうん、健気だねえ



こんなとき、うちの双子の娘どもだったらどうするのか。

「もし、きみたちのパパがキングジコチューだったらどうする??」

どうする?、いもーとさんよ。



い「にげる。」




えー…逃げないでおくれよ。パパなんだよ…
ねーちゃん、ねーちゃんはきっとパパの味方に…





ね「へんしんどうぐをかいにいく!」





倒す気満々ですねえ!







さて、毎月恒例のようになっているタカラッシュイベント。
今回は、にーちゃんと新しいロマンスカーEXEαに乗って、海老名まで行ってきた。
画像

画像

画像

画像



ロマンスカーは塗装も新たに、とってもきれい。
内装もおしゃれである。
確か、和式だった(参考)車内トイレも洋式に変更されたはずである。


画像

海老名駅前




海老名は広々としていた。
ただ、ららぽーとやビナウォークがあるため、生活はしやすそうだ。
駅前の広大な空き地にも、大規模なマンションを建てるようだ。

同時にふたつの宝探しをしていたので、当然両方やる。

まずは「ちっさなおじさん探し」
ららぽーと周辺でやっている。
画像

ららぽーと


全体的に、割と簡単。
エノシマトレジャーの藤沢本町よりはちょっと難しいかな?といった感じ。

にーちゃん大活躍。
謎4が、おっさんにはまるで見当がつかなかったが、にーちゃんはあっという間に解読した。
マップをしっかりと見ることが大事。

最後の謎も同様、マップをしっかり見ること。
にーちゃんは、最初にマップを念入りに確認していたため、最後のポイントになるであろう謎も、早くから理解していた。
他となんか違う記載があったら、注意したほうがいい。


続いて「ひるね姫」
こちらはビナウォークで、この土日だけの開催だ。
画像

こっちがビナウォーク


こちら、謎自体はとっても簡単だと思う。
今まで経験した宝探しの中でも一番難易度が低いのではないか。

ただ、「情報」のありかが、とっても凝っている。
街の風景に溶け込んでおり、
「あれ、このあたりのはずなんだけど????」
とオロオロしている人が多かった。
あと、最後の場所は、指示された正確な場所を探すべし。


画像

えびーにゃの着ぐるみがいらした


画像

こいつは、ひるね姫に出てくるキャラらしい

画像

パネルもあった



両方合わせて2時間あれば充分なボリューム感だった。


画像

おみやげにえびーにゃのクッキーを買って帰った







子どもとでかける神奈川あそび場ガイド
メイツ出版
子育てネット

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 子どもとでかける神奈川あそび場ガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

小学生の教科書パズル 1・2年生 海ぞく団の宝さがし
池田書店
タカラッシュ!

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小学生の教科書パズル 1・2年生 海ぞく団の宝さがし の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プリキュアつながるぱずるん

2017/03/22 21:59
双子の五歳児娘どもは、ご多聞の例に漏れずプリキュアシリーズが大好き。

おっさんも保護者である立場上、不本意ながら、仕方なくプリキュアを鑑賞している。
たまにひとりで過去作を見て感動してたりするが、それも親心ゆえ。
娘どものおかげでプリキュア一般常識もバッチリ、推しキュアはマリンとレジーナ。




まあ端的にいうと大好きだ。




そんなおっさんのために、神様が素晴らしいアプリを与えたもうた。

プリキュアつながるぱずるん
画像

キュアフェリーチェは使い勝手がよい



システム自体はよくあるタイプのパズルゲームだと思うが、おっさんはこの手のゲームをしたことがないので新鮮な気分で楽しめる。

スマホのゲームとしては、長く連れ添った「プロ野球ドリームナインスーパースターズ」が、先日静かに息を引き取ったところなので、新たに楽しめるゲームが出てきて嬉しい。

キャラのカードがアプリオリジナル&音声も新規収録のようだ。
素晴らしい。


画像

現在の手持ちで最強のシャイニールミナス
独自に強化できたりするともっと嬉しい


これから、新キャラも増えていくのがとっても楽しみである。

ここは是非ともレジーナを出していただきたいと、伏してお願いする次第だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三連休、双子とおでかけ(プリキュアざんまい)

2017/03/21 21:28
三連休、初日は双子のねーちゃんとふたりで、二日目はいもーとさんとふたりで、最終日は双子もろとも三人でお出かけしてきた。
何故一人ずつのお出かけになったかというと、いもーとさんが、インフルエンザのため三連休初日まで外出禁止を喰らっていたためである。
インフルエンザとはいっても症状は至って軽く、体力を持て余しているようだったが…

---

初日、可愛いもの好きなねーちゃんが喜ぶかと、「横浜人形の家」に行ってみた。
シルバニアファミリーのイベントもやっていたのだが、なんだか浮かない表情。
人形の家を出て、山下公園に着いたところで泣き出してしまった。

訳がわからん。

30分くらい、何を聞いても要領を得ない状態で泣き続けていた。

ちょっと落ち着いたところで聞けた話によると、その日から始まったプリキュアの映画が見たかったとのこと。

しからばと、慌ただしく上映情報を確認。
山下公園から近いところでは、桜木町駅前の映画館が、時間的にもちょうどよかったものの、なんと残り一席しかあいていなかった。
なんとタイミングの悪い…

仕方ないので、品川プリンスの映画館まで遠征した。
お昼ご飯を食べる時間も、ポップコーンを買う時間も無かったので、そこらでかった饅頭を、上映前のCM中に食べた。

バタバタしたものの、ねーちゃんは楽しかったようで、帰ってからも、サクラとか、シズクとか、「ガ」ラステングとか言ってはしゃいでいた。

これを見て面白いはずもないのがいもーとさん。
ねーちゃんを追いかけ回してミラクルサクライトを奪い、ギャン泣き。
おっさんもひっぱたかれたりつねられたり大変だった。
申し訳なかったが仕方がない。

---

そんなこともあり、いもーとさんの希望は「プリキュアのえいががみたい」。
…同じ映画を、二日続けて見ることになってしまった。
ただ、今回は予め予定を立てられるので、川崎チネチッタの午前の回を首尾よく予約できた。

ただ、出かける前に、今度はねーちゃんがグズってしまった。
やっぱり一人ずつお出かけに連れて行くのは難しいし可哀想だった。

ともあれ、いもーとさんは一日遅れでプリキュアを見れてご満悦。
ニヤニヤしながらミラクルサクライトをブンブン振り回していた。
その後、映画館脇のフレッシュネスバーガーで昼食。
キュアジェラートのプリコーテドールを買い、キドキドで遊んで帰宅。

---

折角なので、映画「プリキュアドリームスターズ」の感想もちょこっと。

さすがにプリキュアが増えすぎたため、オールスターズは厳しいのだろうけれど、やはり残念ではある。
定番だったキュアマリンとか、今季のエンディングを歌っているキュアソード(まこぴー)とか、活躍を見たかった。
まあ人数が減ったぶん、プリキュア一人ひとりの見せどころは増えてはいた。
ただ、映画オリジナルキャラのサクラやシズクに尺を取っているため、各々そーんなに活躍は出来ていない。

なんか勿体無い気がする。

オリジナルキャラひとりに簡単にやられていくプリキュア達も、寂しい。
フローラなんか、木に引っかかったまま、指パッチンで折り紙に。
そんな中で、はーちゃんはけっこう善戦していた。さすがだ。

いいところとしては…
「30秒」のところはカッコいい。
CGも綺麗。
きららの「飛んだねぇー」。
あたりか。

とか書いたが、子供たちの反応は、オールスターズより今回の方が良かったような気もする。
基本、オッサンではなく女児向けなので、今回のこれで良いのかも知れない。

---

映画、映画の次の三連休最終日は、双子どもと三人でお出かけ。
大井町クルールで、ひとり460円食べ放題(参考)を堪能した後、東京駅のプリキュアプリティストアへ。

ねーちゃんが「欲しいものが沢山あるとパニクって泣き出してしまう病」を発症し、どうなることかと思ったが、適当に買ってあげたトゥインクル缶バッジで、大好きなキュアルージュを引き当て、なんとか機嫌が直った。
素晴らしいクジ運だ。
画像

ほんと助かった


いっぱい食べて、おもちゃ買って、帰宅。

---

夜、ねーちゃんに、「今日は遊んでくれてありがとうね」と言ったら、ひとこと

ね「こっちこそ」

と言ってくれた。


一方いもーとさんは我関せず。

い「わたしはいまオナラをした」

などと言っていた。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


夢の島でランチバイキング

2017/03/09 09:10
にーちゃんと妹どもはけんかもするが、普段はとても仲が良い。

家の中では、いつも三人でリビングを駆け回っている。
非常に微笑ましい。
きっと、可愛らしいごっこ遊びを楽しんでいるんだろう………


に「警察につきだしてやる!」

妹たち「ぎゃーーーー!!!!」

…何の遊びをしているのかは、なんか怖くて聞けなかった。



さてこの間の日曜日、そのにーちゃんと妹どもを連れて、夢の島まで出かけてきた。
ここにはBUMBU(東京スポーツ文化館)という施設があり、その中のレストランでランチバイキングをしている。ここで昼食!
画像

画像

画像

画像

画像


四人で2,270円、ひとりあたり500円強の計算だ。
五歳以下無料の、大井町のクルールほどではないが、かなりお得に食べ放題。

ここの良いところは、次々と色々な種類の食べ物が出てくるところ。
特にデザートは何種類も楽しむことができた。

普段はすいているであろうこの施設、偶然イベントをやっていて、たいそうな賑わいだった。
画像

画像

風船を貰ったり、綿菓子食べたり、くじを引いたり楽しめた。
その後、植物園を見て、空き地でちょっと遊んで帰って来た。

夢の島には大きな公園があって、本当はそこで遊ばせてあげようとしたのだけれど、
なんか大規模な工事が行われていて、叶わなかった。
画像

六年くらい前の写真。ここで遊びたかったが…



まあ美味しいものもたらふく食べられたし、植物園も観れたのでよしとしよう。

画像

画像

画像

画像

画像

いもーとさんが、パイナップルに驚いていた

画像

植物園内には、子供がカプラで遊べるスペースがある



画像

縄跳びに挑戦するねーちゃん
本人跳べてると思っているが跳べてない



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


菊池涼介

2017/03/01 08:48
WBCの壮行試合:台湾戦は、最後のふたりしか見れなかった。
負けたのは残念だけれど、贔屓の菊池は素晴らしい打棒を披露したようだ。


カープファン歴30年のおっさんは思う。

菊池は打撃も一流だ。
調子が良ければこれくらいは打つ。
でも山田にはかなうはずもない。
それは確か。
それと…

「守備はこんなもんではない。」


大谷みたいな奴は見たことない。

でも、菊池みたいなやつも、見たことは確かにない。

カープ戦の守備を見ていて、


うおーすげープレー!!!

…なんだ菊池か。


なんて思ってしまうこともあった。

ある試合を解説してた田尾さんか誰かが「見飽きました」と言っていたが、それと同じような心境だと思う。

カープというより日本の財産だと思うので、これからも怪我には気をつけて頑張って欲しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タカラッシュ「エノシマトレジャー 2017」やってきた

2017/02/12 23:06
箱根鉄道探偵に続き、待ちわびていたイベントが始まったので、いつも通りにーちゃんといってきた。


本日はお日柄もよく、
ポカポカで宝探し日和だった。
例によって、かーなーり歩いて疲れたけれど、とても楽しかった。
日曜日だったので他にもチャレンジしている人がたくさんいて、
にーちゃんはライバル心を刺激されて本気モード。

画像

藤沢はだいたいこんな道路沿いを歩く



画像



画像

某所で見つけたアンパンマン



画像

日曜日の江ノ島はたいそうなにぎわい



画像

今日は富士山がめちゃくちゃ綺麗だった



画像

お昼は、ヒント提供店になっているハルミ食堂
にーちゃんはネギトロしらす丼



画像

おっさんは海鮮三色丼
おいしかった



画像

捜索中
当然ながら、危険なところとか、入っちゃいけないところには無い



画像

河津桜がほぼ満開だった
なんかの鳥



画像

売店で買ったあんぱんも、やたらおいしかった



画像

戦利品
今回は、缶バッジやノートがもらえた!



にーちゃんがかなりレベルアップしており、
事前の知識が必要なこと以外は、ほぼ彼自身で解決していけた。

タカラッシュ恒例の最後の謎に至っては、おっさんお手上げ、冊子ボロボロの惨状だったが、
にーちゃんが歩きながら解決した。

に「「わかった!!…これもこれも意味があるんだ!」」

すごいもんだ。

所要時間は、昼ごはん込み、両方合わせて4時間半くらい。
今までの中では一番手こずった。


ネタバレはご法度だけれど、以下ヒントというか参考情報的なものを記載しておく。
不要な方はくれぐれも参照なきよう。













ーーーーーーーーーー
藤沢本町のほうは、得られる情報と、冊子にある「捜索情報」の地図を見比べていけば、さほど難しくないはず。
それほどヒネった展開もない。
ただし、けっこう歩く覚悟はしておくべき。

江ノ島のほうは、うって変わってレベルが高い。
暗号自体が難しいことに加え、暗号を解けたとしても、
実際の宝が存在する場所を探すのに、大変難儀する可能性がある。

ひとつめの暗号は、実際にペンを使って「斬って」しまえばわかりやすいかも知れない。
あとは、ゾウってなんだろう?(絵をよく見てみる)といったところ。

ふたつめの暗号は、読める文字が隠れている。
これもペンを使うといいかも知れない。
手がかりの場所は、クサイところがたくさんあって大変だが、予言の書の記載内容をよく考えること、
探してみても見つからない場所にこだわらないことが肝要と思われる。

みっつめの暗号は、意外と広い範囲が描かれている。
おっさんとにーちゃんはここで一番迷った。
周りにヒント提供店があるので、活用してなんとかなった。

そして最後の謎は、、さっき見たようなモノがあると思う。
あとは、冒険の書の最終ページの見方。
見ているだけではダメで…
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


Macの写真アプリで、動画から静止画を切り出す方法

2017/02/04 23:06
Macで動画から静止画を切り出す方法をネットで検索すると、QuickTimeを使ったり、iMovieを使ったりするやり方がヒットする。

でも、動画をiPhoneやカメラで撮影した場合、これを取り込む先は写真アプリであることが多いはずだ。
写真アプリの動画をQuickTimeで開くのは面倒だし、iMovieに取り込むのはもっと大変だ。

色々いじくりまわしていたら、簡単な手順で、写真アプリの動画を静止画に切り出すことができた。
(ちょっと難あり)

画像

切り出したいところで動画をとめたら…



画像

歯車アイコンをクリックして、「フレームをピクチャに書き出す」



これだけで、ピクチャに静止画が保存されるが…


画像

画像

ファイルサイズがでかすぎる!!!!
tiffってこんなにでかいのか!!!!?



画像

仕方ないのでプレビューで開き、ファイルメニューから「書き出す」



画像

jpegで保存してあげれば、ファイルサイズがとってもスリムに!!



当面はこれでいってみよう。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


FZ1000、1100mmの写り

2017/01/31 22:23
今まで扱ったことのあるカメラの最大望遠は、換算で約400mm。

FZ1000も400mmなのでスペックは同じだ。
iAズームで800mmまで、解像度設定を低めにしておくと、1100mmあたりまでいけるみたいだ。
iAズームって、単純にトリミングしているのかと思っていたが、画素数は広角と同じだった。
おっさんには謎技術だが、画質の劣化が殆どないデジタルズームだそうだ。

多摩川で試してみた。
いつもは白くてでっかい鳥(サギ?)がいっぱいいるのに、
今日は全然見当たらなかった。


画像

なんかの鳥。1100mmくらい

画像

画像

画像

これが広角端



画像

1100mm。なんかの鳥
ちょっと明るさをいじった



画像

1100mm。なんかの鳥



しかし、鳥を撮りにいって鳥の名前がさっぱりわからないのは致命的である。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


FZ1000購入、暗所での写真はどうか?

2017/01/30 21:57
先日EOS M10を購入したおっさん。

普段使いカメラとして最適だったので、今まで使っていたD5300とその仲間たちは処分してしまった。

手元には、単焦点レンズをつけたM10だけが残った。


望遠を撮れるカメラがなくなってしまった。
まあ、そんなに機会もないし、運動会なんかは業者の写真を注文すればいいよね…

………









画像

なんと、こんなところにFZ1000が!!!
ラッキー!!!







………我慢できず中古を買ってしまった…


D5300と仲間たちを処分して得たお金が約9万円。
EOS M10とFZ1000が約10万円。
収支マイナスじゃないですかやだー!!


…こんなことばかりやってるからお金が貯まらないのだ。

まあよい(よくない)。
FZ1000は、望遠で動体を(安価に)撮影するための最強カメラだ。
試しに、外でこちらに走ってくるにーちゃんを撮ってみたが、合焦が恐ろしく速くて正確!
今まで、D7000、D5100、D5300を使ったが、それらを本気で凌駕している。
(単におっさんの一眼レフの使い方がまずかっただけかも知らんが)
M10はおさんぽカメラ、FZ1000はおでかけカメラ。
最強タッグではないか!!…

これは、いい買い物だ。
いい買い物だ。
うん、いい買い物だ。きっとそうだ。


…えーっと、、


FZ1000の、条件の良い場所での望遠撮影なんかは、ネットでもたくさん見ることができるので、今回はあえて、暗いところでどう写るか試してみた。
先週行った横浜市歴史博物館での写真だ。

比較対象として、昔、GF1+F1.7パンケーキレンズを使い、江戸東京博物館で撮った写真も載せてみる。
センサーサイズもレンズの明るさもGF1の方が上だが、発売時期がだいぶ違うので、FZ1000もまあそれなりに善戦できるのではと予想。
同じような条件の写真を並べてみた。


画像

FZ1000。F2.8。地味に逆光

画像

GF1。F4.5。ちょいF値が違うが、入り口ということで。
こっちは2011年2月の写真だった





画像

FZ1000。ISO1600

画像

GF1。ISO1600

画像

FZ1000はISO6400まであった。思ったよりザラザラしない





画像

FZ1000。シャッタースピード1/20。おっそ

画像

と思ったら、GF1で1/13があった。一体どういう設定にしてたんだ?




こんな感じ。
FZ1000、条件が悪い暗所でも、なかなか良いのではないだろうか。。

画像

博物館で買ったクッキーはどんぐり入りだった




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


EOS M10に激安レンズフードをつけてみた

2017/01/29 22:05
先日購入したEOS M10。
今後もずっと、F2の単焦点キットレンズをつけっぱなしにすると決めている。

ただ、このキットレンズ、レンズフードがついてこなかった。
おっさんは、レンズフードがないと落ち着かないタイプ。
写りがどうこう、というより、間違ってレンズを触ったり、どこかにぶつけたりするのが怖くて、
レンズフードがあると、そのような懸念がだいぶ軽減される(ような気がする)のだ。
探してみると、激安なものがあったので、ポチってしまった。

ETSUMI ラバーフードII 43mm用 ブラック E-6571
エツミ
2014-10-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ETSUMI ラバーフードII 43mm用 ブラック E-6571 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



なんと600円そこそこのラバー製。
トイレのつまりを改善するアイツのような感触である。

レンズ自体にねじ込む容量で装着する。

画像


画像

レンズキャップは、レンズフード側に問題なくつけることができる



普段は短く折りたたんでおく。
それでも、未装着時より1〜2センチ厚みが増してしまうが、まあ許容範囲。
画像

装着状態

画像

元々はこんな感じ



使うときは、こうやってびよーんと…
画像

延ばす。
画像


使い終わったら、また元の形に収納すれば良い。

精神衛生上助かるし、
何しろ安いのが良い。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


いもーとさんの食い意地

2017/01/28 23:08
iPhoneでヤフオクのアプリを見てたら、いもーとさんが寄ってきた。

画像

この画面を見て…




画像

い「ほち!!」




画像

い「おてがみ!!」




画像

い「とんかつ!!!!」




惜しい!
けど全然違うぞ!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MacBook Pro2016用にキーボードカバーを購入

2017/01/25 22:50
先日購入したMacBook Pro。
我が家にとっては恐ろしく高級な品である。
もはや家宝といっても差し支えない。
可能な限り大切に、末長く使わないといけない。

ということで、Amazonでキーボードカバーを購入し、つけてみた。




ホコリというものは恐ろしく、ちょっとでも隙間があれば侵入し、その存在を主張する。
カメラレンズ内のホコリにしても、一体どーやってそこに入り込んだの?ってやつが、レンズ内真ん中に「ぴとっ」と付いてたりする。

そんな勢いで、MacBook Proのキーボードの隙間から入って来られたら嫌なのだ。

また、MacBook系のキーボードは、使用するにつれてテカってきてしまうのが、経験上気になっていた。

キーボードカバーによって、これらの問題が解決されるのだ。

シリコン製の半透明なペラペラ。
これをキーボードにペロッとかぶせる。

かぶせた直後はこんな感じ。
画像



でも、しばらく使っていると、よく打鍵する箇所の色が変わってくる。
画像



見てくれが、まあアレだ。
付け直すと綺麗になるが、ちょっと使うとまた色が変わってくる。

ただ、打鍵感も素晴らしいし(おっさんは、世間で不評のこのバタフライ構造が全く苦にならないマイノリティなので、あまり参考にならないかもしれない)、何より安心感が段違いだ。
今、激辛ロシアンスコーンを食べた後にこれを書いている。
一応手を拭いてからキーボードを使ってはいるが、それほど気を使わなくてもいいので楽なのだ。

この手の商品は消耗品のようなので、こいつがくたびれてきたら、また新しいものを買おう。
今度は、キートップの文字が印字されたタイプも試してみたい。

…それにしてもMacBook Proの打鍵感はしっくりくる。
従来、Magickeyboard に一番馴染んでいたけれど、それに匹敵する使い心地だ。
ちなみにMacBook Airのキーボードは、なんかふにゃふにゃしていて不安を感じる。
iPad は論外。やっぱり擬似キーボードは厳しいものがある。 殆ど使ったことがない。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

のくちのおっさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる